03-3761-5676

日曜診察あり

動物園がお休みの日って動物たちは何してるの?当院院長著『動物園のないしょ話』大好評発売中!

病院・スタッフ紹介

京急平和島駅より徒歩5分にある「五十三次どうぶつ病院」。

医院名の「五十三次」とは、旧東海道五十三次の美原通り沿いにあるため命名されました。

窓が大きく明るい院内は、清潔感がありアットホームで落ち着く雰囲気。

院内では、おやつやデンタルケア用品、シャンプー、ブラッシングなども取り扱っています。

大きな緑の看板が目印。ワンちゃんのイラストが描かれた階段を上った二階が当院です。

院長紹介:北澤功

 

長野県長野市生まれ。幼いころから生き物が好きで、生き物に囲まれた生活を送る。

長野市茶臼山動物園、長野市城山動物園に獣医として勤務後、2010年、東京都大田区に五十三次どうぶつ病院を開院。

動物園時代は、チンパンジー、オランウータン、レッサーパンダ、ゾウ、キリンなどの飼育・治療業務に加え、生態を考えた獣舎(日本の森、レッサーパンダ舎)を日本で初めて設計。

親が子育てできなかったオランウータン、チンパンジー、レッサーパンダ、ツキノワグマ、コウモリ、サンショウウオ、ムササビ、フクロウを親代わりに育てていたというユニークな経歴を持つ。

日常生活ではスズメ柄の真っ黄色のTシャツや、ダンゴムシ柄のTシャツを着るようなお茶目な一面がある。

著書

  • 爆笑!動物のお医者さん事件簿(2013年)
  • 思わずビックリ!どうぶつと獣医さんの本当にあった笑える物語(2016年)
  • 似ている動物「見分け方」事典(2017年)

© 2020 五十三次どうぶつ病院